1. >
テレビの「敗戦」とテレビの「復活」

コンピュータ・IT / ビジネス・経済

テレビの「敗戦」とテレビの「復活」


立ち読みする

Powered by YONDEMILL

参考価格:500円(税別)
※販売価格は各ストアによって異なります。

▼ご購入はこちら

▼外部サイトのレビューを見る

Impress IT Critics?テーマごとに読み切りでわかる最新のIT動向

今回のテーマは「テレビ」。

地デジ移行の需要が終わった2013年現在、日本の家電メーカーは、苦境にある。そこで、常に「戦犯」として名指しされているのがテレビだ。

利益を生みづらくて先行きが見えない。テレビはそういう存在になっている。

その一方で、スマートテレビ、4Kといったニューキーワードも登場し、機能や利用シーンも多面化している。そしてメディアとしての影響力はまだまだ巨大だ。

本書では、テレビの「今」を分析し、これからの「機器産業」と「コンテンツ産業」を考えて未来。いくつかの法則で考えていくと、意外とその未来はシンプルに見えてくる。

 

<目次>

日本のテレビは「自滅した」

量販店との関係がテレビを悪くした

「液晶製造」のジレンマ

なぜ日本メーカーはサムスン・LGに負けたのか

「スマートテレビ」とはなにか

「スマートビエラ」騒動の真実

「ドット」を超える!? 4Kの価値

多様な価値に答えるのが復活の糸口

 

<著者プロフィール>

西田宗千佳(にしだ むねちか)

ジャーナリスト。1971年福井県生まれ。得意ジャンルは、パソコン・デジタルAV・家電、ネットワーク関連など「電気かデータが流れるもの全般」。主に、取材記事と個人向け解説記事を担当。

Twiter:@mnishi41

mnishi@mbj.nifty.com

個人媒体(メールマガジン)『西田宗千佳のRandom Analysys』(月2回刊・月額420円、毎回1万字以上の書き下ろしルポを掲載。http://magon.impress.co.jp/writer/nishidamr001.html