1. >
ナニワ金融道 カネと非情の法律講座

マネー・金融

ナニワ金融道 カネと非情の法律講座


立ち読みする

Powered by YONDEMILL

参考価格:400円(税別)
※販売価格は各ストアによって異なります。

▼ご購入はこちら

▼外部サイトのレビューを見る

カネに笑うか、カネに泣くか

六法全書では絶対に分からない青木雄二流・法律講座

 

毎月1200社が1000万円以上の負債を抱えて倒産し、

年間400万人が自己破産に追われていたバブル崩壊後の日本。

 

銀行の不良債権も総額60兆円に達するとさえいわれ、

日本の経済は非常に深刻な状態であった。

 

そんなご時勢だからこそ、カネ貸し業者も黙っちゃいられない!

客に貸したカネに多額の利子をつけ、なにがなんでも回収したのだ。

 

不景気だからこそ、法律を知りつくし、

心を鬼にして回収した金融業者だけが生き残ったのだ。

 

 

▼目次

 

第一部 マトモな常識ではわからないカネと法の世界

 

  • 第一話 債務者の生活すべてを担保にとるのがサラ金業者
  • 第二話 法が裁けないなら警察が裁く?
  • 第三話 司法は本当に「弱い者の味方」か

 

第二部 取立てはこうして行われる

 

  • 第四話 「土地さえ押さえればカネになる」信仰が陥る落とし穴
  • 第五話 家具全部差押えてもたったの一〇万円!
  • 第六話 なけなしの生活費まで差押えできるか
  • 第七話 追う者追われる者――犯罪ギリギリのあの手この手

 

第三部 債務者起死回生の逆襲

 

  • 第八話 多重債務の地獄を突破する道
  • 第九話 「この家だけは絶対に他人には渡さない」は通じるか

 

第四部 紙切れ一枚が天国と地獄の分かれ道

 

  • 第十話 念書を書いたら本当に言いなりにならなくてはいけないか
  • 第十一話 サラ金業者が白紙委任状にこだわる理由
  • 第十二話 サイン一発で身ぐるみはがされる!

 

第五部 落とし所は決まっている

 

  • 第十三話 結局は和解に応じたほうがトクになる
  • 第十四話 ベンツとムチ打ちの経済学