1. >
[明治150周年記念] 名著から問題を読み解く! 明治から日本の未来を考える (2) 明治人物誌[2]

歴史・地理

[明治150周年記念] 名著から問題を読み解く! 明治から日本の未来を考える (2) 明治人物誌[2]


参考価格:500円(税別)
※販売価格は各ストアによって異なります。

▼ご購入はこちら

▼外部サイトのレビューを見る

明治を輝いていた時代として回顧するのではない

明治から日本の未来を考えるのだ!

 

電子書籍全集『明治から日本の未来を考える』は、明治に関連する50冊の本を縮約(各冊約1万字)で読み、明治が何であったかを理解し、そこを原点にして日本の未来を考えようという企画である。

明治に関連する複数の本を同時に読むことで、1冊の歴史の大書を読むのとは違った風景が浮かび上がってくる。現在もなお、明治が直面したのと同じ問題(韓国、中国、ロシア、アメリカ、国際関係、天皇制、憲法、財政など)に向き合っていることがわかる。

明治は未完なのである。

明治は現在もまだ続いている。

いま、われわれがこれらの問題にどのように向き合い、対処すべきかは、明治の中にその解答があるといえよう。

明治150年にあたり、明治を輝かしい時代として振り返るのではなく、明治の地点に立って現在に至った道程を眺め、日本の未来を考えることこそ意味があると信じる。

それには、人からその結論を聞くのではなく、原典を読んで浮かび上がってくる自分自身のイメージをもとに自ら考えることが大切であろう。

 

[本著で紹介する5冊]

『明治天皇 苦悩する「理想的君主」』 笠原英彦/中央公論新社

『伊藤博文 知の政治家』 瀧井一博/中央公論新社

『大隈重信 民意と統治の相克』 真辺将之/中央公論新社

『板垣退助 自由民権の夢と敗北』 榛葉英治/新潮社

『小村寿太郎とその時代』 岡崎久彦/PHP研究所

 

[著者紹介]

平田周三 (ヒラタ・シュウゾウ)

ニュービジネス設計家。現在、一般社団法人グローバライズ沖縄理事、三田教育研究所LLP客員研究。大手化学会社、外資系コンサルティング会社、中小企業、ベンチャー(起業)、大学教授など、さまざまな職域で一貫して新事業企画開発を手掛けてきた。事業分野は、それぞれの時代を象徴する先端的なもので、1960年代:石油化学(合成繊維・エンジニアリングプラスチック)、1970年代:消費者製品(カーペット、床材)、1980年代:エネルギー(原子力)、1990年代(インターネット)、2000年代:デジタルコンテンツ(海外発信)、2010年代:英語教育(自動翻訳)で、新事業を実現させた。