1. >
1日2400時間 吉良式発想法

ビジネス・経済

1日2400時間 吉良式発想法


立ち読みする

Powered by YONDEMILL

参考価格:1000円(税別)
※販売価格は各ストアによって異なります。

▼ご購入はこちら

▼外部サイトのレビューを見る

「一日24時間では足りない」と悩めるあなたに贈る、時間を無限大に増やす発想法。電通で数々の文化・スポーツイベントを企画プロデュースし、「メディア戦略のプロ」「プレゼンの鬼」と呼ばれた吉良俊彦氏が、超多忙な仕事生活の中から絞り出した知恵を存分に盛り込んだ。

副題の「他人の人生を盗めばアイデアは生まれる!」は刺激的だが、他人の時間を自分のものとして有効に活用する意識を持つことで、アイデアの引き出しが増えることを示唆している。

本書のエッセンスを広告会社のプレゼン合戦のストーリー仕立てにした『来週のプレゼンに勝つ!』は、マンガデザインを活用した新感覚のビジネス書として注目されている。

 

〔著者紹介〕

吉良俊彦(きらとしひこ)

大阪芸術大学芸術学部キャラクター造形学科客員教授/日本女子大学講師/立教大学MBA講師など。ターゲットメディアソリューション代表取締役/漫画デザイナーズラボ総合プロデューサー。1991年上智大法学部卒、電通入社。メディア戦略、スポーツ・文化イベントなど多数、企画ブロデュース。2004年ターゲットメディアソリューション設立。「教育」「コーチング」「中国ビジネス」を三本柱に活動中。日本・中国で講演多数。2011年漫画デザイナーズラボ設立。著書に『ターゲット・メディア主義―雑誌礼賛―』(宣伝会議)、『ターゲットメディア・トルネード』(宣伝会議)、『1日2400時間吉良式発想法』(プレジデント社)、『嘘の破壊』か(プレジデント社)、『マンガデザインで「笑顔をプロデュース!』(プレジデント社)、『来週のプレゼンに勝つ!』(プレジデント社 いっさひかりとの共著)

 

〔INDEX〕

  • 序章 知らないことはすばらしいことである
  • 第1章 基礎力の上のパッション
  • 第2章 新コミュニケーション論
  • 第3章 画一的な生活からの脱却
  • 第4章 すべては「?」から始まる
  • 第5章 第一次発想力とものの見方
  • 第6章 パッションの継続は力なり
  • 第7章 チャネル変換型発想
  • 第8章 5W1H発想法
  • 第9章 Yes,but発想法
  • 第10章 ポジティブシンキング
  • 第11章 引き算発想
  • 第12章 不況の連鎖
  • 第13章 上流に戻れ
  • 第14章 遅刻のマーケティング~時間のマーケティング~
  • 第15章 イメージのパニック~仕事のマーケティング~
  • 第16章 比較ありき / 終章