1. >
あの子は「かわいい」をむしゃむしゃ食べる 〜恋をやめられない私たち〜

エッセイ・ノンフィクション

あの子は「かわいい」をむしゃむしゃ食べる 〜恋をやめられない私たち〜

  • 2020/04/01

立ち読みする

Powered by YONDEMILL

参考価格:700円(税別)
※販売価格は各ストアによって異なります。

▼ご購入はこちら

▼外部サイトのレビューを見る

恋に名前をつけたい。これまでの恋ひとつひとつに。

 

恋を思い出す時はいつも、ちくりと胸が痛む。
なぜかというとその全てに住む「いつかの私」が、どれも綺麗なものじゃないから。

この本には15編の「恋」が綴られている。
どれもが幸せな物語ではないけれど、きっと、あなた自身のいつかの恋をかすめて、そのぬくもりを蘇らせるはずだ。

あなたがこの本を読み終わる頃には、恋って悪くないな、と思えていますように。
恋をやめられない私たちのことを、どうか愛せていますように。

※本書はnoteのマガジン「エッセイの花束」から恋愛のエピソードを抜粋し、大幅に加筆・修正を加えたほか、新たに5編のエピソードとイラストを書き下ろしたものです。

 

▼著者紹介

みくりや 佐代子(みくりや・さよこ)

微炭酸エッセイスト・ライター。
1988年生まれ、広島県出身。広島大学卒業後、金融機関に就職し、その後は広告代理店に勤務しながらフリーライターとして活動している。
2019年より趣味の一環として、ピースオブケイク社が運営するコンテンツプラットフォーム「note」にて“ちゃこ”名義で執筆活動を開始。
恋愛や生き方など自身の体験や価値観を綴ったエッセイは10ヶ月余りで累計90万PVを記録し、フォロワーは5000人を超える。
“微炭酸系”と称される、甘さと一緒に切なさの残る読後感の文章は「エモい」と話題に。特に20代、30代女性の読者に強く支持されている。
座右の銘は「女の可愛いと男の忙しいは信じるな」。好きな食べ物は汁なし坦々麺。

 

【目次】

はじめに

他人に合鍵を貰って他人の家に住んだ日々
人助けみたいな愛で
堂々と友達と呼べなかった幼さと不器用さ

男友達という罪について
君とは音楽でしか分かり合えない
恋や愛に似たまがいもののかけら
あの子は「かわいい」をむしゃむしゃ食べる

イルビゾンテのキーケース
あの夜のスーパーの駐車場だとか
要らない記憶は夜の電車にわざと置き忘れる

コーヒーを教えてくれたひと
スネ夫はいつも寂しい
腐敗した昨日に置いてきた健気で無垢な私を
AB型の君と2月の初詣

そして、春

恋の芽は暮らしに形を変えて

おわりに

◇あとがき◇