1. >
新型うつ病の症状と対処法 会社に行きたくない

健康

新型うつ病の症状と対処法 会社に行きたくない


立ち読みする

Powered by YONDEMILL

参考価格:398円(税別)
※販売価格は各ストアによって異なります。

▼ご購入はこちら

▼外部サイトのレビューを見る

この病気は、本人にとっても、実は扱いにくい病気であり、

なぜ、そうなるのか、原因やしつけ、学校教育も含め社会のあり方、

同僚・上司にとっては、どう対応したら良いのかについて、

臨床からみた、新型うつについて、その対処方法を考えてみたいと思います。

 

<目次>

はじめに:あなたも、もしかして!

●第一章

  • 新型うつとは……
  • DSM IV-TR診断基準
  • 従来のうつ病と何が違うか?
  • 年齢
  • 気力や意欲
  • 投薬
  • 投薬しても効き目がない
  • 過去にあった類似タイプ
  • ひきこもりとの関連性

●第二章

  • 「自分なんか、変では…」と、思った時
  • どうしたらいいのか、悩んだ時
  • 治そうと思ったけど、すでに生活習慣化してしまった時
  • 自分の性格がおかしいのでは、と悩んだ時
  • 考え方を変えるためには、どうしたら良いのか?
  • 考え方を変えるということはどういうことなのだろうか?
  • このままでは、結婚もできないと悩んだ時
  • 上司に注意されても、それを変えられない時には、どうしたらよいのか?
  • 医療機関や医師は新型うつ病を治療するために
  • 本人はどうしたら良いのか?
  • 上記のことを実行するためには、どうしたらよいか?
  • そんな時の具体的な解消法とは……
  • それらが、実行できない人の場合は……
  • 飲食との関係は……
  • ネットゲームと新型うつ病
  • うつ病でも障害者年金がもらえる

●第三章

  • 職場の部下などが新型うつと診断された場合のどうするか?
  • 相談窓口設置機関

 

<著者紹介>

牟田 武生(むた たけお)

不登校・引きこもりに関する実践・臨床研究を30年以上続ける。また、うつや新型うつなどの研究にも力を注ぐ。文部科学省「生徒指導等関連事業審査委員会委員」として、行政と連携し、青少年問題にも取り組んでいる。 元文科省「不登校追跡調査研究員」、元横浜市「青少年自立支援協議会委員」でもある。『新型うつ病予備軍「滅公奉私」な人々―蔓延する「めんどくさい・かったるい症候群」の深刻 』(ワニブックスPLUS新書)、『ネット依存の恐怖―ひきこもり・キレる人間をつくるインターネットの落とし穴』(教育出版)など、著書多数。