1. >
名医がカラー図解! 高尿酸血症・痛風は予防できる! (4) 専門医での診断と治療

健康

名医がカラー図解! 高尿酸血症・痛風は予防できる! (4) 専門医での診断と治療


立ち読みする

Powered by YONDEMILL

参考価格:300円(税別)
※販売価格は各ストアによって異なります。

▼ご購入はこちら

▼外部サイトのレビューを見る

痛風だけではない「多くの病気」につながる

高尿酸血症を改善するために

 

第4巻は「専門医での診断と治療」編です。

 

日本人の尿酸値は確実に上昇してきており、

痛風患者数は100万人を超えています。

さらに「痛風予備軍」は500万~1000万人とも言われ、

新たな国民病にもなりうると警告されています。

 

本書は、尿酸値が増えると何が起こり、なぜよくないのか、

痛風やその他の合併症(糖尿病、高血圧、腎臓病など)の成り立ち、

尿酸値の改善に向けた生活と治療、痛風を発症した場合の診断と治療など、

高尿酸血症・痛風をめぐる様々な問題点を、豊富な図解でクリアーに解説。

 

「尿酸値の改善」を導く格好のガイドとなっています。

 

 

▼4巻 目次

 

高尿酸血症の診断と治療法

 

・治療の柱は生活改善と薬物療法

・生活改善で尿酸値が下がらなければ薬物療法へ

 

発作が起きたら専門医へ受診を!

 

・痛みがやわらいでも放置しない!

 

痛風の診断基準は

 

・痛風と他の病気との鑑別をする

 

治療のための詳しい検査

 

・痛風の病状を確認する検査

・合併症の有無を確認する検査

 

痛風の治療は生涯かけて行う

 

・治療の流れ 治療に使われる薬

・発作の激痛を抑える薬

・発作を未然に防ぐ薬

・尿酸値をコントロールする薬

 

痛風薬を使うタイミングと注意点

 

・抗炎症薬とコルヒチンの場合

・尿酸降下薬の場合

 

再発予防のための日常の心得

 

・生活改善と薬の服用を

 

 

▼監修者紹介

 

細谷 龍男 (ほそや・たつお)

 

東京慈恵会医科大学名誉教授、慢性腎臓病病態治療学教授。

1974年東京慈恵会医科大学卒業。1978年同大学大学院医学研究科修了。

1979年同大学第二内科入局。1996年同大学内科学講座第2助教授、

1997年同教授を経て、2013年より現職。

日本内科学会(理事)、日本腎臓学会(理事)、日本リウマチ学会(評議員)、

日本痛風・核酸代謝学会(理事長)など幅広く活躍。

多くの診療ガイドライン策定にも関わる。