1. >
日本人のための英文法 晴山陽一の英語学習ライブラリー

語学

日本人のための英文法 晴山陽一の英語学習ライブラリー


参考価格:500円(税別)
※販売価格は各ストアによって異なります。

▼ご購入はこちら

▼外部サイトのレビューを見る

日本語と英語の間には、はるかな隔たりがあることが予想される。

そのため今回、第1章では日本語と英語の間の「距離感」を測るための、ある実験を行うことにした。

①「昨日の発見は衝撃だった」

何でもない文のように見えるが、実はこの日本文には、秘密がある。

この文の中に出てくる「昨日」「発見」「衝撃」という3つの名詞は、

どう入れ替えても、すべて文になるのだ。実際にやってお見せしよう。

①「昨日の発見は衝撃だった」

②「昨日の衝撃は発見だった」

③「発見の昨日は衝撃だった」

④「発見の衝撃は昨日だった」

⑤「衝撃の昨日は発見だった」

⑥「衝撃の発見は昨日だった」

どうだろう。中には多少ぎこちない日本語もないではないが、

6つの文の微妙なニュアンスの違いに、お気づきいただけただろうか。

これだけでもちょっと驚きなのだが、私が行った実験とは、

「この6文を英語にするとどうなるか?」というものだった。

たとえば、①の「昨日の発見は衝撃だった」なら、

Yesterday’s discovery was a shock.

となり、これは難なく英語にすることができる。

このあたりは、さして「日本語」と「英語」の間の距離を感じることもない。

だが③の「発見の昨日は衝撃だった」あたりになると、

そうはいかなくなることがおわかりになるだろう。

本書での私のねらいは、こうした日本語と英語との間にある距離を縮めることで、

みなさんを“読み通せる英文法”を書けるようにすることなのである。

▼目次

第1章 日本語と英語の距離を測る

第2章 「SV」感覚

第3章 英文法の道具立て

第4章 文はフレーズでできている!

第5章 クイズで覚える英文法

第6章 動詞句の3段構造

第7章 「文型」か「文形」か?

第8章 道具としての「5文型」

第9章 仮定法の質問

第10章 24人の悟り

▼著者紹介

晴山陽一 Yoichi Hareyama

1950年東京生まれ。早稲田大学文学部哲学科卒業後、出版社に入り、

英語教材の開発、国際的な経済誌創刊などを手がける。

1997年に独立、以後精力的に執筆を続けており、著書は140冊を超える。

著書に『すごい言葉』(文春新書)、『英語ベストセラー本の研究』(幻冬舎新書)、

『話したい人のための丸ごと覚える厳選英文100』(ディカヴァー・トゥエンティワン)など。

2015年1~2月にかけて、Kindleで総合1位を獲得。

2014年から、電子書籍の出版塾を開講し、多くのベストセラー著者を輩出している。