1. >
英語がすぐに話せるいちばん大事な10単語 晴山陽一の英語学習ライブラリー

ビジネス・経済 / 人文・思想 / 社会・政治

英語がすぐに話せるいちばん大事な10単語 晴山陽一の英語学習ライブラリー


参考価格:500円(税別)
※販売価格は各ストアによって異なります。

▼ご購入はこちら

▼外部サイトのレビューを見る

たった10単語で英語を学ぶというのは、無謀な話でしょうか。私はそうは思いません。

日本人は、受験勉強で覚えた難しい単語を使いすぎる、とよく言われます。

しかし、やさしい単語で英会話ができることを実際に示した本は、きわめて少ないのです。よいお手本さえあれば、誰でも正しいやり方がわかるはずなのに。

論より証拠、本書では「英語でいちばん大事な10単語」すなわち、have、get、take、give、make、do、be、on、in、Iの10単語を用いた会話例を豊富にご紹介します。

本場の英語が、実は手の届くところにあるやさしい英語だということを、本書を通じて気づいていただければ、こんなにうれしいことはありません。

本書で、生きのいい本場の英語をご堪能ください。

▼目次

PART I 英語って、こんなにやさしく話せるんだ!

PART II この10単語を「知る」だけでいい!

PART III この10単語を「使う」だけでいい!

PART IV あとは、10単語を「組み合わせる」だけ!

PART V 英語ができる人がよく使う重要フレーズ100

▼著者紹介

晴山陽一 Yoichi Hareyama

1950年東京生まれ。早稲田大学文学部哲学科卒業後、出版社に入り、

英語教材の開発、国際的な経済誌創刊などを手がける。

1997年に独立、以後精力的に執筆を続けており、著書は140冊を超える。

著書に『すごい言葉』(文春新書)、『英語ベストセラー本の研究』(幻冬舎新書)、

『話したい人のための丸ごと覚える厳選英文100』(ディカヴァー・トゥエンティワン)など。

2015年1~2月にかけて、Kindleで総合1位を獲得。

2014年から、電子書籍の出版塾を開講し、多くのベストセラー著者を輩出している。