1. >
告知屋 ~君が見た運命、僕が見る未来~

小説・ライトノベル

告知屋 ~君が見た運命、僕が見る未来~


立ち読みする

Powered by YONDEMILL

参考価格:198円(税別)
※販売価格は各ストアによって異なります。

▼ご購入はこちら

▼外部サイトのレビューを見る

「ライトなラノベコンテスト(※)」二次審査通過作品!

※livedoor Blog&impress QuickBooks主催・2014年3月結果発表。

応募時よりもさらにパワーアップした作品をお楽しみください☆

本文にも表紙イラストを収録。挿絵は未収録です。

 

<あらすじ>

何処にでも居るような、何の取り柄もない妄想男。会田美和(よしかず)二七才

そんな彼は、ある日行きつけの喫茶店で不思議な美少女と出会う。

信じがたい事に、この女の子は他人の運命が見えると言う。

果たして彼女に見えた運命とは。そして彼が新たに見る未来とは。

死へと向かう運命に逆らって、美和は三度目の命を拾うべく行動に移るのだが……。

 

<審査時の講評より>

舞台設定が明確で、分かりやすいです。ある種の王道設定だが、主人公のフェチズムなどで他作品との明確な分け方が出来ている。特にヤクザ三人のキャラクター設定は、三人共に華をもたせているあたりが本当にうまい。

 

<著者>

如月 遊季(きさらぎ・ゆき)

横浜生まれ。横浜育ち。2014年3月、『いつかした、約束を~Another Life~』(文芸社)にてデヴュー。横浜の片隅で、居酒屋と言う名に隠された秘密基地を営む。お酒の力を操り、社会の裏側を鋭く傍観する小さな独裁者。その生意気で子供のままの性質は、何時まで経ってもその成長を見ないと他人は云う。

表紙イラスト:suama