1. >
日本人が間違いやすい英語 ~初心者にありがちな誤記・誤用から学ぶ英会話上達術~

語学

日本人が間違いやすい英語 ~初心者にありがちな誤記・誤用から学ぶ英会話上達術~


参考価格:500円(税別)
※販売価格は各ストアによって異なります。

▼ご購入はこちら

▼外部サイトのレビューを見る

日本人にとって英語は、とても大切なものになってきましたが、時として間違いを見かけることがあります。

私は永年日本に住み、仕事をしてきました。そうした中で気づいた日本人の英語の間違いを50に分けて取り上げました。

日本人にとって英語は外国語であり、日本語が母語です。

日本語を英語にそのまま置き換えて、すんなりと意味の通じるものもあります。

しかし、場合によってはそれが間違いとなることもあります。

「母語の干渉」が起こる次のような場合です。

「バッグが盗まれた」

I was stolen my bag.

日本語を読んで英語を見たら、まったく間違いがないように見えるでしょう。

しかし英語では、次のようになります(詳しくは passive の項を参照のこと)。

My bag was stolen.

I have had my bag stolen.

このように、どうして間違いなのか理解できないこともありますが、これは日本語に引っ張られた形で英語にしたために起こるもので、このような間違いは結構たくさんあります。

本書は、50の設問ごとに、単語の使い方を示した4つの選択肢(英文)を挙げ、○×形式で答えるものです。

正しい使い方を示した例文と、間違った使い方をした例文がありますが、そのひとつひとつに説明を加えています。

中には4つの例文がすべて正しいものや、反対に、全部間違っているものもあります。

思いがけない自分の間違いもあると思います。

英語の間違いに驚いたりしながら、英語の上達に本書を活用していただければうれしいです。

▼目次

第1章 間違いやすい英単語

第2章 間違いやすい英単語のペア

第3章 間違いやすい英文法

第4章 和製英語・カタカナ英語、その他

▼著者紹介

ジリアン・ヨーク (Jillian Yorke)

英国出身、滞日歴32年。経済産業省の英文校閲、

「ニューズウィーク日本版」の和文校閲、日本経済交流財団編集員を務める。

翻訳、編集、文筆、コンサルタントなど、幅広く活躍。

訳書に『構造改革の真実竹中平蔵大臣日誌』の英語版、

共著に『英語で文通しませんか』(きこ書房)、『グローバル・エリート』(IBCパブリッシング)など。

2014年、ニュージーランドに日本図書館を設立。現在はニュージーランド在住。