1. >
家族のための「認知症」対策完全ガイド (1) 認知症の基礎知識

健康

家族のための「認知症」対策完全ガイド (1) 認知症の基礎知識


立ち読みする

Powered by YONDEMILL

参考価格:400円(税別)
※販売価格は各ストアによって異なります。

▼ご購入はこちら

▼外部サイトのレビューを見る

認知症の詳しい知識と治療、原因となる疾患、

介護の方法、接し方、介護保険の利用法などを網羅!

 

第1巻では「認知症の基礎知識」を学びましょう。

 

わが国の認知症高齢者は、最近の調査で500万人近いことが明らかになりました。

また、約400万人が認知症予備軍の軽度認知障害と言われています。

 

今後、団塊の世代が後期高齢者になるにしたがい、

ますます認知症高齢者の増加が予測されます。

 

そこで重要なことは、認知症にならないための予防やその早期発見と早期治療、

そしてもし認知症になったとしてもその進行を抑える方法を知り、

さらに介護者が楽に介護できるコツを知ることです。

 

本書では、認知症の病態から薬物療法そして行動心理症状(BPSD)に関し、

重要なポイントは図にまとめ、わかりやすく解説します。

 

 

▼目次

 

認知症の進行

・認知症はこのように進む

・早期・初期は進ませない生活をポイントに

・中期ではBPSDの症状を軽くする介護を

・重度化したら介護者の負担を軽くする方策も

 

発見と治療

・認知症とはどういう病気か?

・最近、少し様子が変だと感じたら

・認知症の診断はどのようにされるか?

・認知症の治療はどのように行われるか?

・アルツハイマー型認知症に有効な薬物治療

・早期発見によって進行を遅くできる

・認知症と診断されても家族はあわてない

 

原因となる疾患

・認知症の原因となる疾患とは?

・アルツハイマー型認知症の特徴と対処

・脳血管性認知症の特徴と対処

・レビー小体型認知症の特徴と対処

・前頭側頭型認知症の特徴と対処

・その他の治る認知症

・認知症に間違われやすい病気

 

認知症の症状

・認知症で現れる2つの特徴的な症状

・認知症の人に必ず起こる「中核症状」

・中核症状の代表は「記憶の障害」

・「見当識障害」や「実行機能障害」

・認知症特有の「周辺症状」のいろいろ

・周辺症状への対処のしかた

・急増する認知症への対策の「新オレンジプラン」とは?

 

 

▼監修者紹介

 

今井幸充 (いまい・みちゆき)

 

医師、医学博士(聖マリアンナ医科大学)、精神保健指定医。

1984年、聖マリアンナ医科大学大学院卒業。聖マリアンナ医科大学神経精神科、

米国ハーバード大学ブロクトンVA メデイカルセンター等で研修の後、

1989年、聖マリアンナ医科大学神経精神科講師。

米国ワシントン州立ワシントン大学客員研究員等を経て、

1996年4月、聖マリアンナ医科大学神経精神科学教室助教授、同大学、東横病院精神科部長。

2001年7月から2012年9月まで、日本社会事業大学大学院に勤務。

2004年4月、同大学専門職大学院福祉マネジメント研究科教授、

2006年4月同研究科科長、同大学常務理事を務める。

2012年10月より、翠会和光病院院長。

日本認知症ケア学会副理事長、日本介護福祉学会理事、日本老年社会科学会理事、日本老年医学会代議員。