1. >
親が認知症かもしれない 頑固、怒りっぽい、疑う、不安がる、ふさぎ込む

健康 / 社会・政治

親が認知症かもしれない 頑固、怒りっぽい、疑う、不安がる、ふさぎ込む


立ち読みする

Powered by YONDEMILL

参考価格:398円(税別)
※販売価格は各ストアによって異なります。

▼ご購入はこちら

▼外部サイトのレビューを見る

日本の認知症高齢者数は462万人!

認知症は身近な問題です

 

多くの人が持っている認知症のイメージは、「自分が自分でなくなる」という恐怖感、家族に大きな負担をかけるという遠慮、治療困難な進行性の病気であるという絶望感などでしょう。

認知症を正しく理解する、疑いが出てきたら早期診断・早期治療を受ける、介護負担を軽くするため介護サービスを積極的に利用する、専門職や介護体験者などと交流するなど、前向きに対応することにより、介護の混乱が軽くなり、認知症の人の状態も落ち着くことは、私の経験からはっきり言えます。

認知症の人の世界を理解することを中心として、「親が認知症かな?」と思ったとき、どうしたらよいかを一緒に考えていきたいと思います。

(本文「はじめに)より)

 

<目次>

  • 認知症とは?
  • 認知症の原因…一次的要因と二次的要因
  • 認知症の主な一次的要因
  • 認知症と遺伝
  • どのような症状が出てきたら、認知症を考えるのか
  • 認知症の早期診断、医療機関受診のための工夫
  • 認知症の診察と検査
  • 認知症の治療―特にアルツハイマー型認知症治療薬について
  • 認知症の人の世界を知る―認知症を理解して、よりよい介護を
  • 周辺症状への対応のコツ
  • 服薬管理の問題

 

<著者紹介>

杉山 孝博

川崎幸(さいわい)クリニック院長。1947年愛知県生まれ。医学博士。現在、訪問対象の患者は、約140名。1981年から、公益社団法人認知症の人と家族の会(旧呆け老人をかかえる家族の会)の活動に参加。全国本部の副代表理事、神奈川県支部代表。公益社団法人日本認知症グループホーム協会顧問、公益財団法人さわやか福祉財団評議員。著書は、『よくわかる認知症ケア 介護が楽になる知恵と工夫』(主婦の友社)、『こころライブラリー イラスト版 認知症の人のつらい気持ちがわかる本』(講談社)、など多数。