1. >
不眠症のための睡眠薬と精神安定剤 (2) [睡眠薬編] 市販薬を含む睡眠薬との適切な付き合いかた

健康

不眠症のための睡眠薬と精神安定剤 (2) [睡眠薬編] 市販薬を含む睡眠薬との適切な付き合いかた


立ち読みする

Powered by YONDEMILL

参考価格:398円(税別)
※販売価格は各ストアによって異なります。

▼ご購入はこちら

▼外部サイトのレビューを見る

眠れなくてつらい、こんなときどうしていますか?

 

近年増加している不眠で悩む方々に、不眠の基礎知識、睡眠薬の知識、

また不眠を引き起こす精神疾患、精神安定剤の知識をわかりやすく解説します。

 

最新の睡眠薬療法を正しく知ることで、睡眠薬に対する誤解をなくし、

服用できず悩み続けている方の受診への抵抗感を減らします。

 

シリーズ第2巻は、市販薬を含めた睡眠薬について解説します。

 

▼目次

 

●不眠への対処法の基本は睡眠薬

●睡眠薬はこわいものではありません

●睡眠薬にもいろいろな種類があります

●睡眠薬はこうして作用します

  1. 神経伝達物質
  2. ベンゾジアゼピン系睡眠薬の作用

●睡眠薬の副作用

  1. 翌日、眠気が残る、ふらつく(持越し効果)
  2. 物忘れをする(健忘)
  3. 薬に頼るようになる(依存)
  4. 睡眠薬が効きにくくなる(耐性)

●睡眠薬への依存

  1. 依存性の低い薬が主流
  2. 使用者を悩ませるのが反跳性不眠

●睡眠薬の分類と不眠のタイプによる使い分け

  1. 入眠困難タイプの不眠
  2. 中途覚醒、早朝覚醒タイプの不眠
  3. 複合タイプの不眠

●睡眠薬、精神安定剤は代謝され、尿として排出されます

●睡眠薬を使用する際の注意点

  1. アルコールと一緒に飲んではいけません
  2. 睡眠薬は就寝の10~30分前に服用する
  3. 短時間の仮眠のためには使えない

●睡眠薬を必要とするとき、しないとき

  1. 睡眠薬が緊急に必要な場合がある
  2. アクシデントで睡眠薬を必要とすることもある
  3. 睡眠薬を必要としないケース

●付録 睡眠薬と精神安定剤を使うときの注意

  • 薬局で買える睡眠薬
  • 妊娠と睡眠薬
  • 自分に合う睡眠薬、精神安定剤とは

 

▼著者紹介

 

福西勇夫(ふくにし・いさお)

医療法人社団真貴志会 南青山アンティーク通りクリニック理事長兼院長。1959年生まれ。84年徳島大学医学部卒業。医学博士。米国での臨床および研究経験も豊富で、薬物療法、精神療法、家族指導にも精通している。2000年より、ハーバード大学医学部マサチューセッツ総合病院客員教授を兼任。主な著書に、国内では『「非定型うつ病」がわかる本』(法研)をはじめ多数、海外では『Advances in Psychosomatic Medicine』(Karger社)、『Cutting-Edge Medicine & Liaison Psychiatry』(Elsevier Science社)などがある。

 

※本著は2011年10月発行の『あなたに合う睡眠薬と精神安定剤』(法研)を分冊、電子書籍化したものです。